ポルトガルより愛を込めて

アクセスカウンタ

zoom RSS 喜多方より愛を込めて44

<<   作成日時 : 2012/03/18 22:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

今日の午後は、寒かったこともあり自転車練習は断念して、ジョギングに出かけました。
いつも折り返すポイントをさらに進み、遠回りして、約7kmのコースを走りました。
寒かったのは走り始めだけで、後は、結構汗をかいていい感じでしたが、ペースは上がらず、歩いているようなスピードでした。
もう少し練習しないとスピード練習どころではありません。
子供たちが来たら、子供たちは自転車で一緒にジョギングについてきて欲しいですね。
親子健康ジョギングです。
本当は、一緒にジョギングして欲しいし、親子マラソンに一緒に出たいくらいですけどね。
買い物は、嫁さんのママチャリでいつもよりもちょっと遠いスーパーへ出かけました。
こちらのスーパーは、大きいし、隣にツタヤとダイソーがあり、ちょっとだけ充実しています。
ツタヤで驚いたのは、コミックのレンタルまで始めていて、隣の本屋コーナーの需要を食ってしまうようなビジネスにも挑戦している点が驚きでしたね。
買ってまで読みたくないが、読みたい人の需要は満足するけども、ますます買ってもらえなくなるような?
ブックオフやゲオの古本までは、扱っていないけど、レンタルコミックは漫画喫茶やインタネットカフェとの競合でもあり、非常に難しいビジネスでしょうね。
ただ、喜多方には、漫画喫茶やインタネットカフェがないので、今のところ成り立つのかもしれません。
空に、白鳥が群れで飛んでいるのを見かけるようになりました。
シベリアへ帰って行くい春の訪れなののでしょうね。
春彼岸ですので、いよいよ寒さも彼岸までで、暖かくなるのかな?
アテ・アマニャン!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
スーパー、ツタヤ、ダイソ〜、本屋さん、いろいろあって便利そうですね。沢山走られたのですね、お聞きしただけでも楽しそうです。>白鳥の群れ、見たいなあ‥以前渡り鳥という
映画を観ましたが、4万キロもシベリアへ向かって飛び続ける白鳥の渡りに感動しました。リーダーはどういう合図を出すのでしょうね?舞い降りるとき、飛び立つ時、一斉に見事です。
小さな花
2012/03/19 03:31
白鳥は、喜多方へやってきて本当に身近な鳥になりました。冬の田んぼで落ち穂拾いしている姿や池に群れでいたり、冬には頭上を飛ぶ群れをあの甲高い鳴き声とともに眺めることも風物詩ですね。鳥インフルエンザ騒ぎで近づかないように言われたことも含めて、季節限定ではありますが、すずめと同じくらいに感じる鳥です。
マーさん
2012/03/20 07:13
白鳥を身近かにご覧になれて羨ましいです。鳥の形をしたグライダーに乗って白鳥の群れを導いている風景を新聞で見たことがあります。仲間のリーダーと信じて着いて飛んで行く姿がとても微笑ましかったです^^
今日は穏やかなお彼岸の中日で、お墓参りに出かけて来ました。帰りに湯島天神に寄りましたら、白梅が満開で、紅梅もかなり咲き始めていました。重なった盛り沢山の絵馬と人出に圧倒されました。「今年一年頑張りますから来年は合格しますように・・」という絵馬を見て
頑張って〜!と思わず言いたくなりました。
小さな花
2012/03/20 16:07
喜多方の温泉がある道の駅の横にある池には、たくさんの白鳥とかもが冬にはやってきて餌をねだっています。かもは、足の踏み場もないほどの群れでちょっと近寄りがたい気がするくらいです。喜多方へ来て驚いたのは、梅桃桜がほとんどいっぺんに4月の中旬に咲くことで、梅が春の訪れを告げて、桃や桜が続くという常識が覆されました。今年も寒いので間違いなくいっぺんに咲くと思います。
マーさん
2012/03/20 21:55
まあ!それはさぞ華やかなロケーションでしょうね。
湯島から池ノ端に出て上野公園の入り口迄来たとき、交番横の桜が咲いていてびっくりしました。お花見を控えて赤い提灯がきれいに飾られていました。あと少しで賑やかになることでしょう。ひっそりと咲く山桜を探しながらの小さな旅がしたいです。
小さな花
2012/03/21 00:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
喜多方より愛を込めて44 ポルトガルより愛を込めて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる