ポルトガルより愛を込めて

アクセスカウンタ

zoom RSS 喜多方より愛を込めて107

<<   作成日時 : 2012/07/17 06:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

この3連休は、遠出をせずに近くで過ごしました。
一番遠くへ出かけたのは、郡山でした。
嫁さんの「普通に暮らしている」という驚きをもった発言に、ハッとしました。
郡山のカルチャーパークへ出かけたのですが、放射能の数値は、0.56マイクロシーベルトで、この値は、喜多方の0.12マイクロシーベルトと比べて、5倍近い値です。
東海地方は、さらに0.08マイクロシーベルトくらいで、数字だけだと恐ろしい感じです。
嫁さんの言ったことは、良く考えると「わずか50kmくらい離れた地域は、国に生活することを禁じられて、他の地域へ移住を強制させられたけど、郡山は、禁じられるまでのレベルではないので、我慢して住むようにさせられている。」とも読める感じでした。(そこまでの意味はないと思うが)
土地への愛着や、仕事などその場所での生活、一番は、家を含めた固定資産といった普通に考えると移住なんてしたくない事情が大きいのでしょうけども、放射能が明らかに高い中で、暮らして行く不安はあるのでしょうね。
放射能0.56マイクロシーベルトの持つ意味が、わからないことと簡単には消えないことが根深い問題でしょう。
会津若松に出かけたときに、大熊町の方々の暮らす、避難所を見かけましたが、強制的に遠く離れた会津若松の狭い避難所生活は、仮の住まいとは言え、大変そうで、こちらもいつまで続くのか、帰れるのか、それとも別の暮らしをするのか?簡単には結論出せないでしょうね。
お年寄りも多いようで、2年目の暑い夏を健康で乗り切って欲しいものです。
しかし、昨日の夜は、珍しく暑く、なかなか寝付けませんでした。
熱帯夜だったと思います。
遅い夏?まだ、梅雨明けしていないような?
アテ・アマニャン!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
喜多方より愛を込めて107 ポルトガルより愛を込めて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる