ポルトガルより愛を込めて

アクセスカウンタ

zoom RSS 喜多方より愛を込めて110

<<   作成日時 : 2012/07/22 05:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

レトロ横丁は、割と大がかりなイベントに発展していました。
震災からの復興ムードを高めるためにも、力を入れているのでしょうね。
宮城の石巻や女川からの出店もあり、会津の山の中ということもあり、女川からの新鮮な海の幸イベントは、大人気でした。
鯵の干物作り体験、活魚のつかみどり、マグロの解体&競りと大人気イベントの連続でした。
中でも活魚のつかみどりは、小学生対象ながら無料で息子を送り出しました。
水槽というかプールの中には、ヒラメやカレイ、アイナメ、メバル、アンコウなどが泳いでおり、大きさも、そんなに小さくなく、アンコウが一番大きくて、2kgくらいはありそうでした。
さばいて食べることを考えると、息子への指示は、ヒラメ狙いでした。
大人気で行列ができ、息子は、20番目くらいで、大物は居なくなってしまうかと心配しましたが、30cmくらいのヒラメは、結構な数居て、息子も30cmくらいのヒラメを恐る恐るゲットしましたが、何度も落としては、つかみ、大物ゲットに親子ともども喜んで自宅へ帰りました。
この会場から自宅まで50mの距離で生きたままのヒラメを持ち帰り、子供たちは飼いたいと言うものの水槽なんてあるわけないし、飼えるわけないので、早速、さばいていただくことにしました。
包丁が切れないのか、当方の腕が悪いのか、結構大変な思いをして、さばいて主な身を刺身で、残りを煮付けにしてみました。
ポルトガルでの成果か、魚をさばくのに抵抗はないものの、腕は上がっていませんし、ヒラメは難しかったです。
そうこうして少し時間が経ってから、再度レトロ横丁見学へ行くと、水槽にまだ、アイナメが残っていました。
気前よく、持っていっていいいと言われ、30cm近いアイナメも生きたままゲットしました。
再度、帰宅して、冷蔵庫に入れて、明日の塩焼きに決定しました。
2匹の推定金額は、3000円近いもので、食べた感想は、それ以上の価値ありでした。
道路へのチョークでの落書きコーナーでは、子供たちは楽しく落書きして、竹馬体験も楽しんでいました。
竹馬は、お手本で乗って見せようと思いましたが、内心不安も体は覚えているものでひょいひょい乗って見せて、バックやターン、小走りまで、意外とできるもので自慢気でした。
息子は、おっくうで余りチャレンジしませんでしたが、娘は、離さないほどで何とか乗れるようにと懸命でした。
せめてバランス取れるようにと教えましたが、10分程度では、コツはつかめなかったようで、手を添えて乗せて歩かせて、楽しんでいました。
娘は、結構チャレンジャーで楽しみです。
今日は、これから親子遠足へ出発です。
アテ・アマニャン!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
喜多方より愛を込めて110 ポルトガルより愛を込めて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる