ポルトガルより愛を込めて

アクセスカウンタ

zoom RSS 喜多方より愛を込めて181

<<   作成日時 : 2012/12/28 03:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日は、今年最後の出勤日でした。
節がない世の中になったもので、最後まで年末と言う区切りを感じさせないものになってしまいました。
大掃除を終えて、最後の会議の後に年末の挨拶をして、区切りと思いきや、机の上は雑然としており、片付けてみんなと言葉を交わして、6時前に帰ろうとしました。
ここで終われば、区切りのある感じでしたが、部員の一人だけが、まだ帰っていないようで様子を見に現場へ行くと一人で居残り作業していました。
内容を聞くと緊急性は高くないが、年内にやりきろうという気持ちはわかったのですが、一人では危険な作業でもあり監督を兼ねて手伝うことにしました。
この手の作業は、相当手なれたものでしたが、正直、ここ数年やっていないもので、慎重かつ確認しながら手伝いました。
まあ、昔取った杵柄で間違いなく彼よりは手慣れており問題なかったのですが、時間はかかり終えたのは8時頃になっていました。
2人でやって2時間コースだったので、彼一人では、3時間以上かかったでしょうね。
直接の上司に相談せず、年末最終日に一人で居残り作業なんて、当方の感覚ではあり得ない孤独と言うかチーム感覚の欠如としか思えません。
仕事の段取りとしては、最終日は大掃除というか終い作業で計画すべきで、どうしてもやり終えたいのであれば、上司と掛け合って大掃除を複数名で免除してもらって、夜中に一人残ることなく終えるようにするべきなのに何てことだと思いました。
直接の上司と所属チームメンバーは、みんな彼の行動を知らずに帰宅済みでした。
当方の帰宅時には、雪も降っており、何ともさみしさを演出された気分でした。
節がない理由は、結局、来年の目標、計画がまとめ上げられず、越年しそうなことで、この休み中に最終仕上げといくしかないことです。
厳しい来年に向けて、しっかりとした計画で備えたいところです。
飛躍の年としたいものです。
アテ・アマニャン!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
喜多方より愛を込めて181 ポルトガルより愛を込めて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる