ポルトガルより愛を込めて

アクセスカウンタ

zoom RSS 喜多方より愛を込めて358

<<   作成日時 : 2014/01/18 07:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日は、名古屋での仕事を無事終えて、喜多方まで一気に帰ってきました。
郡山駅に18時頃到着し、そのまま接続する普通電車に乗るか、夕飯食べて、1時間半後の会津ライナーに乗るか結構迷いましたが、子供たちが辛うじて起きている8時過ぎに到着できるので、結構混み合う普通列車にキヨスクで買ったおにぎりとビールを持って、乗り込みました。
席は、確保できたものの、横向きベンチシートで、当然テーブルなんてなく、飲み食いには周りの立っているお客の目も含めて、不向きなので乗り心地はよくありません。
やはり郡山駅で夕飯食べて、リクライニング付きの会津ライナーで快適に寝て行った方が良かったと、その時点では後悔しました。
喜多方へ到着すると雪はゼロ、寒さも喜多方を出発した時に比べて大したことなく、名古屋出張仕様でも全く問題なかったです。
帰宅すると、子供たちに迎えられ温かい家庭に帰ってきた感じで、あの程度の不便は帳消しになりました。
長女は、かわいく風邪は治ったかと聞いてくれるし、赤ちゃんはニコニコしてアーアーウーウー言って寄ってくるし、長男と嫁さんは特筆することはないが、もう寝るだけの時間とはいえ、寝ているのとは大違いでしたね。
夜中に赤ちゃんの泣き声で起こされ、どうもうまく寝付けないようで、抱っこするとうとうと寝ましたが、布団に寝かせると泣き出し、ひたすら抱っこしていました。長男もそうでしたが、夜泣きで当方の立っての抱っこは、寝心地が良いみたいで座っての抱っこもダメという立ち抱っこリクエストが1時間ほど続きました。ぐっすり寝たと思っても座った瞬間に泣き出す始末で、なかなか着地できず、結構時間かけて何とか寝かせましたが、体調が回復していたのでよいものの体調が悪かったら持ちませんでしたね。
毎晩ではないが、嫁さんの苦労を考えるとたまには当方も肩代わりしなくては、と思うも体力的にはつらかったです。赤ちゃんの体重も10kg近くまで成長しているので。
布団に戻って寝ていると、横に寝ていた長女が寒いと言って当方の布団にもぐりこんできました。狭いものの暖かく寝られました。
やはり家族そろって暮らさないとダメだと思いましたね。
仕事で仕方ないとはいえ、仕事と家庭のバランスなんて会社は考慮してくれないでしょうけど、ポルトガル駐在ほどひどくはないが、やはり家族そろって暮らせる仕事がいいですね。
早く、喜多方に戻してもらえるように、今の仕事の区切りと言うか成果を出すことでしょうね。
アテ・アマニャン!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
喜多方より愛を込めて358 ポルトガルより愛を込めて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる