ポルトガルより愛を込めて

アクセスカウンタ

zoom RSS 喜多方より愛を込めて359

<<   作成日時 : 2014/01/19 07:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年も凍結との戦いの季節が来てしまいました。
先日の風呂のカランの凍結破損に続いて、トイレの配管凍結によるジョイントからの水漏れが起きてしまいました。
この家の断熱性が悪いのか、喜多方が寒過ぎるのか、修理してもらうとともに断熱材買ってきて、対策しなくては!
やはり喜多方くらい寒いところでは、断熱高気密の住宅以外は、買ってはいけなかったですね。
結露との戦いや乾かない洗濯物との戦いも考慮して、二重窓や日当たりのよい冬場の洗濯乾燥室向きの大きな窓のある部屋も必要でした。
喜多方に新築するつもりはないが、新築するなら、これらの反省点は絶対に盛り込みますね。
この家の改良をどうしようかな??二重窓設置くらいなら、安くできないか??
取り敢えず、ホームセンターで窓に貼る断熱シートでも見てきますか。
さて、昨日は、赤ちゃんの心電図の定期検査で会津若松の竹田病院へ行ってきました。
嫁さんと長女を日帰り温泉に降ろして、当方と長男に任せられちゃいました。嫁さんは、日頃、子供たちを押し付けられて一人で面倒見ていることに不満たらたらなので、仕方ないです。
ご機嫌よかった赤ちゃんも、病院に着いて体重測定で既に異様な雰囲気を察知して、泣き出し、心電図の電極貼りでは、もう拷問にでもあっているかのように泣きわめき当方にすがりついて手におえず睡眠シロップで寝かし付けることになったのですが、このシロップを飲ませるのも拷問状態に近く泣きわめき、寝かし付けるまでに当方は暑くて大汗かいて、とてつもなく疲れました。
やっと寝てくれて心電図測定のベットに寝かせると、睡眠シロップの効果なく泣き出すというおまけつきで、結局、当方が抱っこしたまま電極付けて、無事測定終了しました。
1時間くらいだったと思いますが、とてつもなく長く感じました。検査結果は、全く異常なくやはり、新生児の発育途中での異常だったようで、1歳時に最後の確認するとのことですが、大事にならなくてよかったです。
次回も行かされるのかな??せめて一緒に行くことで勘弁してもらいたい。
アテ・アマニャン!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
喜多方より愛を込めて359 ポルトガルより愛を込めて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる