ポルトガルより愛を込めて

アクセスカウンタ

zoom RSS 喜多方より愛を込めて427

<<   作成日時 : 2016/07/18 23:10   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

上海出張明けの三連休は、初日のおとといは、喜多方で毎年開催されているレトロ横丁へ行ってきた。といっても町内で一番近い会場へは50mという近さで娘二人と散歩感覚で行ってきた。
今年は、ボンネットバスが展示されており、昭和44年号と書いてあり、ほぼ同級生!
画像

古い車を大切に乗っているみなさんが自慢の愛車を展示しており、軒並み当方より年上の車でよくも50年も維持しているものだと感心した。
画像

画像

箱スカのボンネットが開けてあり、昔のエンジン回りはすかすかでエンジンが真ん中にあるだけに見えました。
画像

チンドン屋、古いオートバイ、自転車の展示もあり、聞いたことのない茨木の歌手の興行もあり賑わっていました。
ちんどん屋は、プロじゃなさそうだが、素人にしては本格派!
画像

古いオートバイは、スーパーカブ(S40年製)以外は、聞いたこともないものでした。
画像

自転車は、懐かしのブリジストンのモンテカルロありでした。
茨城の歌手の興行は、観衆は、二人と言うさみしさでした。
画像

二日目の昨日は、娘の小学校の行事で「半成人式」なる聞きなれないイベントで喜多方へ移り住んで四半世紀にもなろうとしているが、初めて日新館へ足を運んだ。
会津藩校の日新館と言えば、会津の観光名所で白虎隊や会津の歴史を語る上では、足を運ぶべきところかも知れないが、ちょっと離れた山の上にあり、こんな機会でもないと行く気になれないところです。
行って見た感想は、観光地らしくなく、商売っ気のないところはよいが、さびれていて庭に雑草が生えまくり、展示資料もあまり目を引くものもなく汚らしい感じでおおよそ足を運ぶ価値がない感じでした。
儒教の教えを軸に什の掟なるものを掲げて、いかにも会津の名門校を誇らしく美化しているようなもので二度と行かなくていい感じでした。
画像

画像

画像

画像

また、「半成人式」の中身も子供たちにはちょっと酷な会津藩校の教えを説教受けて、儒教の論語の一節を誓いの言葉として読み上げさせられるもので、娘は口パクだったと胸を張っていた。こんなくだらない行事は、止めて欲しい。まあ唯一、儒教の親を尊ぶ教えは、娘も素直に聞いてほしかったですけどね。家の娘は、特別に教えなくても親思いのはず!!
画像

画像

最終日の今日は、家族そろって郡山へ出かけた。遊園地へ行きたいとの下の娘のリクエストを受けて郡山カルチャーパークへ出かけた。このカルチャーパークのいいところは、入場料が無料で乗り放題のパスが月に1〜2日しか発売されないが、子供1000円、大人1200円という安さで小さな子供ならそこそこ楽しめることで、また当然、TDLのような待ち時間はなく何回も乗れることである。下の娘は3歳なので無料!長男は、乗らずのパパ役で写真を撮って、嫁さんは日焼けするからと日陰から観戦で、トータル2200円で済みました。長女はジェットコースターとバイキングを交互に乗りまくり、当方と下の娘はメリーゴーランドやら豆汽車やら観覧車やらゴーカートを楽しんでとても楽しかったみたいで下の娘は帰りの車ではぐっすり寝ていました。
当方は、三連休最後の家族サービスを終えて、毎度の小山駅最終の新幹線に乗っています。
この単身赴任生活は、いつまで続くのやら?
明日からの仕事に備えて、早く寝なくては!(もう遅いが)
アテ・アマニャン!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
喜多方より愛を込めて427 ポルトガルより愛を込めて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる