ポルトガルより愛を込めて

アクセスカウンタ

zoom RSS 喜多方より愛を込めて466

<<   作成日時 : 2017/11/14 04:50   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

欧州出張上がりで疲れが出ることは予想していたが、この週末は喜多方へ帰る必要はなかったと思えるほど昼寝三昧だった。
時差ボケもあるのだと思うが、夜に何度も目が覚めてしまい昼間が眠くて昼寝してしまう。
子供たちとの時間は、眠さに負けてあまりなかった。
日帰り温泉に行ったり、マッサージ機で体をほぐしたりして少しは回復したが、まだ体の芯に疲労感が残っているように感じる。
だだ、今週は喜多方に帰らねばならない大きな理由があり、それは日曜日が長男の誕生日であったことで16歳にもなってしまったが、16年前に初めての子供だったこともあり、予定日よりも少し早く生まれて小さかったこともあり、あの片手にでも乗りそうな小さな赤ん坊が無事、元気に大きく育ってくれたものだと喜びを分かち合う記念日である。
ただ高校生にもなった息子は、当方とはあまり口も利かなくなり理想の親子の誕生日とはいかないが、でもお祝いのときに一緒にいるかいないかでは大きな差だと思う。
ポルトガル駐在時代や今の単身赴任状態では、誕生日を一緒に祝えないことも多かったので、息子が照れながらもうれしそうに見えたのはよかった。
今日は、欧州出張で休み返上もあったので、一日休みをもらったが、朝、目覚ましを止めて二度寝してしまい危うく子供たちを学校に遅刻させてしまうところだった。
いつもは目覚まし無しでもちゃんと起きれるのに、目覚ましを止めて一休みしてしまった。
ただ、それでも急いで支度をすれば間に合う時間で、嫁さんはまだ寝ていた。
大急ぎで子供たちを起こして、朝食と息子のお弁当を作り、子供たちを送り出した。
嫁さんは、次女とともに起きてこないので起こしにいったら、幼稚園を休ませると言って、そのまま寝ていた。
どちらが海外出張明けの休みかわからない?
娘は、当方が休みでいるので楽しそうに絡みついてきて、幼稚園を休んで嬉しそうだった。
家族で過ごす時間を大事にしたいと思い週末は無理してでも喜多方に帰る生活をしているが、やはり移動で疲れが取れないことも多い。
そろそろ、この生活を見直す時期に来ていると思うが、自分の人事は自分では決められない。
アテ・アマニャン!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
喜多方より愛を込めて466 ポルトガルより愛を込めて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる