ポルトガルより愛を込めて635

大ショックです。
自転車を盗まれました!!
水泳練習に自転車で出かけて、ウォームアップで8kmほど街の中を走り、水泳練習してから、1時間くらい峠を走るつもりでした。
プール入り口のわきの柵にワイヤーロックで固定して、プールで1時間ほど練習して出てくると、ワイヤーロックを残して、自転車が無くなっていました。
周囲を見回しても見つかるわけなく、家まで歩いて帰り、ジョギングシューズに履き替えて、近所を1時間くらい探して走りまわりましたが、見つかるわけなく、もうあきらめました。
わずか1年半で、3000kmくらいしか乗っていなかったのに、残念です。
ワイヤーロックをサドルステーにかけてしまったので、サドルを外せば、自転車が盗めるので、ワイヤーロックをかける位置が悪かったのですが、まさか盗まれるとは思いませんでした。
新しいマウンテンバイクが盗まれてしまい、今年は、もうBTTに出られません。
脇が甘かった!痛恨のミスですね。
これまでのポルトガルの治安というか、紳士的なところに油断したとしか言いようがありません。
警察に届けるにも言葉の壁があり、また、警察署がどこにあるのかも知りません。
スタッフに連絡して、出張から帰って来てから、一応届け出ることにしました。
見つかる可能性は、限りなくゼロでしょう。
せめても、大事に乗って欲しいとしか言いようがありません。
起きてしまったことを悔やんでも仕方ないので、もう忘れることにします。
明日は、早朝からドイツ出張へ出発です。
早く寝ないといけないのですが、くよくよするタイプなので、踏ん切りつけなくては!
アテ・アマニャン!

この記事へのコメント

にこちゃん
2011年01月16日 21:11
可哀相!あ~がっかりですね。
見つかっても、他者の売ったあとですね・・
頑張って下さい
マーさん
2011年01月17日 02:09
ポルトガルに来て、初めての災難でした。
気の緩みがあったとしか言いようがありません。
道行く誰もが盗人に見えてしまいます。

この記事へのトラックバック