ポルトガルより愛を込めて1010

ポルトガルへ戻ってきました。(この表現を使うのは、これが最後かと思います)
フランクフルトからリスボンへのフライトが2時間近くも遅れ、深夜の到着となりました。
フランクフルト空港出発から、かなりしっかりと寝てしまい気が付くとリスボン上空でした。
リスボンの夜景は、オレンジ色のライト一色という感じながら、それなりに都会なのできれいでした。
リスボン空港へ到着し、タクシーでセツーバルへ向かいましたが、タクシーの運転手に調子に乗ってポルトガル語で話しかけたら、その後は全てポルトガル語で話しかけられ、半分くらいしか意味がわかりませんでした。
バスコダガマ橋や4月25日橋の説明やセジンブラ、アラビダ山がきれいだとか、セツーバルのペイシェレストランが美味しいとか、親切にポルトガル語で案内してくれました。
日本人出張者だと思われたのでしょうが、半分くらいのヒヤリング能力でも、勝手知った内容なので意味はわかりました。
うかつにポルトガル語で話しては、いけないことを思い出しましたが、後の祭りでした。
飛行機の中で割りとよく眠れたこともあり、また、時差もあって、今晩眠れるのかしら??
明日は、忙しい予定なので、眠れないと困ります。
羊を数えますかね。
アテ・アマニャン!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

小さな花
2012年01月11日 12:04
可愛い羊さんが一匹、二匹と並んでくれましたか?
そうそう、いつか会津方面を旅した時に泊まったホテルリステル猪苗代で、枕元の音楽がチョイス出来るチャンネルがあって、回して行くと羊が一匹、羊が二匹・・という音楽?があつて、可愛いやら可笑しいやらでなかなか眠れませんでした^^

この記事へのトラックバック