ポルトガルより愛を込めて1011

しかし予想していたとは言え、今日は忙し過ぎました。
項目も多く、それぞれの項目が重い上、時間が限られており、非常に疲れました。
時差で眠くなる午後も鞭を打ち続けて、夜8時近くに会社を出発してホテルへ9時近くに戻りました。
夕飯を食べに行く元気がなく、昼食をしっかりと食べたこともあり、夕飯抜きにしました。
お昼は、久しぶりのポルトガル料理で、スターター、魚メインと肉メインをシェアして両方楽しみ、腹いっぱいながらサプリメーザにセレイジャ(サクランボ)があるとのことで、これもシェアしていただき、コーヒーまでフルコースでした。
スターターは、サラダ・デ・ポーボ(タコのサラダ)と生ハムにアメイジョ(アサリ)をいただき、定番コースながらおいしかったです。
魚のメインは、ヒラメのグリルで、塩を振って炭火焼きしただけのシンプルなもので、肉のメインも牛のリブステーキで骨付きの厚い肉を塩を振って炭火焼きしただけのもので、ともにソースなしなのが特徴です。
何も足さない素材そのもので、仮に素材が悪かったら最低の食べ物ではないかと思いました。
もちろん、この店の2品ともの素材がよく、おいしかったですが、個人的には、特にお肉にはスパイスの効いたソースが欲しく、おろしポン酢、デミグラスソースあたりが良く合いそうな感じで、少しニンニクやショウガ、唐辛子が加わるとさらにいいかと思いました。
日本でも、ここまでシンプルな塩焼き状態は、珍しく、ヒラメには、必殺の醤油とわさびあたりが欲しくなりそうでした。
サプリメーザの季節外れのセレイジャは、チリ産でしなびた輸入品は、おいしくなく高いだけでがっかりしました。
新鮮な季節の地のものが、素晴らしいだけに期待外れとしか言いようがありませんでした。
〆のエスプレッソコーヒーを楽しんで、満腹で完食しました。(またさらに太ってしまった)
ポルトガル料理らしく素朴な田舎料理を思い出しつつ、まだ、2週間しかたっていないのに、懐かしく感じました。
ポルトガルには、明日と明後日のみで、その後にハンガリー、フランスと回って、日本へ本格帰任するので、明後日の土曜日がラストナイトとなります。
明日は、夕飯も食べに行ける余裕があることを祈りつつ、疲れていながらも時差で眠れそうもありませんが、横になってみます。
アテ・アマニャン!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

小さな花
2012年01月11日 12:10
お昼を抜いた分美味しいお夕食を沢山召し上がれてよかったですね。寒い時期少しお太りになられた方がよろしいのでは?私は暮れに崩した体調をいまだに引きずって食欲が出ずに困りました。昨夜計ったら43㎏でした。運動不足もあります。頑張って増やさなくては・・。

この記事へのトラックバック