喜多方より愛をこめて366

昨日は、喜多方で檄を飛ばす仕事を終えてからPTAのための子供は関係のない卒業を祝う会に何も準備を手伝わず委員としての務めだけで出席しました。
親が先生を感謝の気持ちを込めて接待するもので、実行委員会なる特別組織まで作って12月から8回もの会合を重ねて準備してきたが、当方は、委員ながら1度も会合に出席できず、うしろめたさの塊で列席しても輪の中には、入れてもらえず、ただ聴講しながら、ビールを飲むだけでした。
唯一の役割は、余興のゴールデンボンバーの女々しくてをお面かぶって即興のバックダンサーをするだけでした。
小学校6年間に築き上げてきた村社会のPTAの輪にポルトガルに駐在したり、小山に単身赴任で会合にも顔出せない当方は、自分の性格もあり入れるものじゃなかったです。
ちょっと入れてほしい気持ちと付き合いきれない気持ちが交錯してきましたが、昨晩の会で付き合いきれないに気持ちが固まりました。子供に迷惑の掛からない範囲のほどほどの付き合いで行くことにします。
娘2人が卒業するまであと11年もの長い付き合いですから。
学校の担任の先生も見た目では、年下ですし、親の年齢も年下が多く、これからはもっとそうなるので年代のギャップまで加わるのですから、距離を置くのがいいと思っています。
しかし、息子も小学校卒業を迎えるとは、夜泣きで苦しめられていた日が遠い昔になってきましたね。
その一方で3人目を授かり、同時に赤ちゃんがいることは、思っていませんでした。
長い子育て人生を楽しく生きたいものです。
アテ・アマニャン!

この記事へのコメント

MEGU
2014年03月16日 05:47
卒業おめでとうございます
しかし..... ゴールデンボンバーとは、トホホですね。私も、PTA次期会長をしつこくお願いされました、こちらの方々の雰囲気にちょっと引け腰のためおことわりしましたが。越してきて 7年。子供が幼稚園・小学校に通い 4年。いつも能天気な私ですがなかなかなじめませんね。(ToT)/~~~
マーさん
2014年03月16日 07:47
当方のPTAは、異常なほどの入れ込み具合で、半端な気持ちと取り組みでは、あの村社会に飛び込めません。PTA会長なんて、しゃれにならない役割です。

この記事へのトラックバック