広州より愛を込めて1

広州へ初めてやってきました。
ネットで調べると広州市の人口は、1300万人と驚きの大都会です。
一体いくつの500万人オーバーの都市があるのやら?
広州空港は、当方の見立てでは、中国の標準的な国際空港レベルで中国南方航空のハブ空港で中国南方航空ばかりが駐機していました。
A380あり、B787もありでしたが、古い機体が多いように見えました。
羽田便も古い機体でオンデマンドなしで窮屈な感じでヘッドセットがパイプ式のものでどうなってるの?
空港からホテルまでは地下鉄を使いました。
ホテルを地下鉄一本で空港から来られるところにしたので、便利でした。
空港から市街地までは、30kmくらいで地下鉄の運賃は、何と7元=140円とJRの初乗りレベルで30kmもの地下鉄とは物価が安いのか?
しかし地下鉄を降りるとき、降りる人を待たずに乗り込む中国人にがっかりしましたね。
マナーなんて関係なく席取りに走る姿はあさましかったですね。
ホテルにチェックインして、夕飯まで時間があるので近くのコンビニに出かけてみました。
日本でもおなじみのファミリーマートとセブンイレブンがあり、セブンイレブンに入ってみました。
画像

画像

店内の雰囲気は、日本のセブンイレブンと変わりませんが、一番違うのは食事スペースが大きくとってあり、買ったカップ麺や惣菜を食べていました。
おでんや唐揚げ、ケーキなども並んでおり、これらを買って店内で食べるのが習慣のようでした。
当方は、朝日ビール(500ml、7.5元)ミネラルウォーター(700ml、2.5元)さきいか(8元)を買って〆て18元(税込だったみたい)でした。
画像

画像

日本のスーパードライは隣に並んでいて、9.5元とちょい高!バドワイザーは、10元でした。
ドイツビールは、11.5元とさらに高く、青島ビールは、7.5元でしたね。
この中国朝日ビールは、大連でもお世話になったものでお買い得ですね。
日本と比べるとかなり安いですが、ポルトガルのスーパーに比べると少し高いですね。
中国のスーパーへ行って見ないと比較できないが、日本のコンビニ価格と比べるとビールは、3割くらい安いですね。
これから同僚と食事へ出かけますが、広東料理希望も日本食になるかも?
アテ・アマニャン!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック