うどん県より愛をこめて6??

大学の先輩企画の「うどんまらにっく」完走してきました。
2年前に途中棄権してしまったが、今回は、距離が短かったこともあり完走できました。
ものすごい暑さで、またもリタイヤが頭をよぎりましたが、何とか最後まで走れました。
昨日の屋島をGPSロガーで確認すると20kmも走っており、前日練習のダメージが大き過ぎました。
まずは、集合場所の善通寺市民プールへ行き、先輩と2年ぶりの再会!
スタートして直ぐの大川製麺所は、開いているものの店員さんが不在で断念してパスしました。
続いて、自衛隊の善通寺駐屯地へ!
今日は、年に1度の一般公開で「乃木将軍の発明した乃木うどん」570円を駐屯地の食堂でいただきました。
おもちが乗って肉、油揚げも乗っており、ボリュームあるうどんで、出汁は甘目の魚介系でおいしかったです。
駐屯地で1時間くらい自由行動見学とのことで、勢い余って自衛隊員のお手製うどん200円をいただき、早くも2杯も食べちゃいました。
自衛隊駐屯地から琴平へ行き、金比羅山参道直ぐ近くのうどん屋「こんぴらうどん北店」へ醤油うどん400円をいただき、ゆでたうどんに醤油とレモンだけで結構いい感じでした。
続いて満濃町へ向かい、超有名店の「長田うどん」へ、期待先行でしたが、のどごし、こしともに素晴らしくおいしかったです。
皆さんは、長田うどんから100mほどのこちらも有名店の「小縣家」へ行きましたが、当方は腹が苦しく、これ以上食べたら走れないと判断して、お店の前で休憩して待ちました。
その後、スタート地点の善通寺市民プールまで走り、解散しました。
高松へJRで戻るのは味気ないので、琴平まで行き、琴電琴平線乗り鉄で帰りました。
乗ってみると、そんなに情緒ある路線ではなく、最初の数駅くらいまでが田園風景の中を走り、ちょっと楽しかったが、その後は、住宅地や市街地で乗っただけでした。
琴平から高松まで1時間くらいで料金はJRより100円くらい安い620円でした。
JRは使えないスイカが使えたのが驚きでしたが、気付かずに切符を買ってしまい切符をハサミで切ってもらい乗り鉄情緒を楽しめました。
これからラストナイトの食事に出かけて、明日は朝一の便で帰ります。
アテ・アマニャン!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック