喜多方より愛を込めて484

親子遠足の東京から帰ってきて喜多方で疲れを押してジョギングしてきた。
キンモクセイの香りがときどき漂うなか田んぼ巡りのコースを進んだ。
たわわに実った稲穂が黄金色に輝いており、マルコポーロはきっとこの一面の田んぼを見て黄金の国ジパングと思ったに違いないと思いを馳せながら進んだ。
今年は、日照りで水不足が懸念されるほどだったせいか、稲刈りが早まっているようでところどころ稲刈りが終わった田んぼが混じっていた。
ここのところトレーニングを続けられており調子が少し上向き加減で気持ちよく1時間ちょっと走り汗をしっかりかいちゃいました。
都会の喧騒から帰ってきたばかりのせいもあり黄金の田んぼが広がる田舎のジョギングがいかに気持ちいいかと再認識しました。
田舎暮らしの方が感性も豊かになるかと。
アテ・アマニャン!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック