川崎より愛を込めて2

引越しの荷物の整理もあって喜多方へ帰らずに川崎の寮で初めての週末を過ごすことになった。
荷物の整理や洗濯、炊事などしていたらお昼になってしまい、お昼から自転車で出かけることにした。
会社の後輩の住む武蔵小金井を目指して多摩川の堤防を遡上した。
当方は、両親の話では生まれたのは狛江市で2歳のときに豊橋へ引っ越したそうで、東京生まれ???
その狛江市を対岸に見ながら多摩川の川崎側の堤防をひたすら遡上して6本目くらいの橋で対岸の東京へ渡った。
まだ、武蔵小金井ではないと思い、さらに2本の橋まで遡上して府中の公園で一休みして位置を確認したら、既に武蔵小金井を過ぎており少し戻りながら府中の街中を進んだ。
多摩川の堤防道路は狭い上に、ジョガーやサイクリストが多く信号はないが走りにくかった。
街中は、信号も車も多く走りづらく会津の田舎や小山の田園地帯とは違って神経が疲れた。
武蔵小金井駅に到着してテレビで見た小金井公園へ行ってみるとおそるべき広さで自転車で一周回ってみたら、5kmくらいあったのでは???
江戸時代の古民家やSLの展示、子供たちが大喜びのほかにはあまりない大型の遊具とただ広いだけではなかった。
帰路は、多摩川の堤防まで街中を走り、帰りは二子玉川まで東京側の堤防を突き進んだ。
微妙な差だが、川崎側の堤防の方が走りやすかったような?
60km程度をなんと4時間近くもかけて走破したのですが、肉体的より精神的に疲れました。
夕飯を求めて溝の口まで今度は歩いて出かけましたが、1駅とはいえ結構な距離がありました。
溝の口は、それなりの街でドン・キホーテとイトーヨーカドーに立ち寄りましたが、小山のアパートのように気軽に歩いて行ける距離ではなかったです。
まだまだ土地勘もなく始めて歩いたり自転車で出くわす道ばかりですが、少しずつ冒険しながら土地勘を得ていきたいと思いました。
アテ・アマニャン!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック