ポルトガルより愛を込めて

アクセスカウンタ

zoom RSS 喜多方より愛を込めて494

<<   作成日時 : 2019/05/04 05:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

長男も長女もそうだったが、次女のその日は突然やってきた。
自転車の乗り方をこれまで何度も教えてきたが、「乗れない!」とあきらめムードが2年くらい続いていたが、きまぐれに乗りたいと言い出し、教えるでもなく乗らせてみると乗れるじゃあないですか!!
いままで教えたことは何だったのか?無駄じゃなかった?
まだぎこちないものの全く転ぶこともなく乗れて自慢げにうれしそうに乗っている。
しつこいくらいに何度も「持っていないよね?」と確認してくる。
ほとんど持つことなく急に乗れるようになって本人も驚いているのか?
近所を何周も回り、当方は最初は散歩ペースだったが、ジョギングペースになり、それも止まることなく続くようになり、もうついていくのがやっとの状態にまでなった。
子供の劇的な成長を目の当たりにして親ばか発動して女子競輪の選手で活躍するとか妄想しつつ競輪や自転車ロードレースは落車も多くてけがが多いのでやめた方がいいとか思っていました。
その前に親子でサイクリングする姿を描くべきだったか???
1歳くらいで立ち上がって歩き始めた日と同じくらいの記念日がやってきてうれしかった。
アテ・アマニャン!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
喜多方より愛を込めて494 ポルトガルより愛を込めて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる