ポルトガルより愛を込めて1043

昨日は、ベンダスノバスの工場を2年ぶりに訪ねてスタッフとの再会を果たした。
みんな少し歳は取ったが元気そうでなによりだった。
駐在時代は、工場撤退の危機に直面しそうで新しい仕事を求めて自ら欧州を飛び回った甲斐があったと思う。
まだまだ安泰とは言えないが、頑張っている。
なんとか継続して欲しい。
アテアマニャン!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック