喜多方より愛を込めて540

喜多方市もコロナの不景気対策としてきたかたプレミアム付商品券を発行している。
6000円分/名を無料配布して、2000円分は大規模店、4000円分は小規模店で使えるもので無料でもらえるからこれは問題ない。
追加で6000円分×2冊/名まで4000円で購入でき、家族4人分を購入した。
問題は、小規模店用の4000円分の使い道である。
小規模店は、喜多方市内の個人商店、ラーメン屋、居酒屋、ガソリンスタンドなどで使えるがスーパーの価格と比べると決して安くなく、これまでビールと日本酒、ガソリン、灯油を購入したが、いずれもスーパーや安いガソリンスタンドとは価格差があり、なんか損した気分だった。
ビール(と言っても第3のビール)は、スーパーで500ml6本パックが1000円ちょっとだが、喜多方の個人商店では、1320円だった。
よく考えてみると大規模店分は、普段のスーパーの買いもので額面通り使えるので4000円分の小規模店用を2000円で購入したことになり、1000円のものを500円で買ったことになる。おつりが出ないので、1320円を820円の実質支払いで購入したことになり、200円くらいの得ということになる。
個人商店は、300円くらいの粗利アップで商売できて、個人商店側の方が得したことになる?
スーパーは、1000円強の売り上げダウンで損している?
消費者と個人商店が得して、大規模店はご利益が小さい構図なのかと。
地域の個人商店としては、ボーナスみたいなものか?
ガソリンも地域の個人商店では、144円/リットルで地域最安値が130円/リットルくらいだから10%くらいの価格差で個人商店が得する?
この場合は、消費者が40%くらいの得なのでまずまずか?
日本酒と灯油は、ほぼスーパー価格で購入できるので50%まるまる得でメリット大きいですね。
コロナ感染拡大でラーメン屋や居酒屋には行けないので、額面通りは、日本酒と灯油くらいかも?
あまり評判がよくないようで、大量に売れ残っているみたいで、追加購入の案内が来ていたが、もう買わない???
もう少し期限が長ければ考えるが、地域社会経済貢献と思って、追加購入して無理に使う手もなくはない。
アテ・アマニャン!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント