ポルトガルより愛を込めて

アクセスカウンタ

zoom RSS 喜多方より愛を込めて21

<<   作成日時 : 2012/02/27 21:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今朝の冷え込みは、またもマイナス5℃くらいで、春のような浜松から戻ってでは、布団から出られないほどの寒さでした。
水道は、元栓を閉めておいたので、凍っていませんでしたが、あやうい寒さでした。
会社へ行く途中も肌を切るような寒さで、嫌になりました。
会社では、思ったよりも待ち構えている仕事が少なくて助かりましたが、出張での宿題を展開するのが忙しく、特に後輩の指導と言うか、フォローに時間がかかりました。
この後輩は、中堅社員として期待されている人物ながら、やっつけ仕事のような気持ちの入っていない仕事でお客さんに愛想を尽かされそうになっていたので、信用回復に向けて厳しく指導しました。
指導の甲斐あってと何とか次には結果を出して欲しいものです。
お昼休みに保険の勧誘員が来て、個人年金を勧めてきました。
当方の年代では、68歳でももらえないだろうから、個人年金を積んでおくべきというもので、最近は良く出ている人気商品だそうです。
いわば、長期積立貯金ですが、今の超低金利状態であれば、1%近い金利に相当するので、やってもいいかなあと思いました。
老後の生活費を心配して、個人で備える時代は、覚悟しておかないといけませんね。
子供たちが無事成長して、きちんと働いて自立して生活してくれれば、嫁さんと二人でつつましやかに老後をくらすくらいは、個人年金で賄えると思うので、とにかく健康で働けるだけ働くことにしますかね。
今回勧められた個人年金は、65歳満期で66歳以降10年支給タイプだったので、少なくとも65歳まで元気に働いて、75歳までは、健康で暮らさないと意味がないことになります。
先のことをあまり心配しても仕方ないのですが、備えは必要ですね。
それより明日の仕事をしっかりしなくては!!
アテ・アマニャン!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます♪
きちんと将来を見据えてお仕事頑張っておられるのですね。お子さんお二人がきちんと自立なさって、そのあとご夫婦お二人で慎ましく穏やかに暮らすことがほんとうにお幸せなことと思います 
今の若者の中にはまともに働かずに親の年金を当てにしたり、生活保護を受けたりして一日パソコンやテレビに向かっていたり、車を乗り回したりして親御さんを泣かせているお話を耳にします。甘やかしのツケが何十年も先に現われるって怖い事ですね。可愛いからこそある時は獅子の子育てのように厳しく、ある時は思い切り抱きしめてあげて、子育ての大切な時期に早くから人任せにする若いお母さんに、よりよい社会を形成するために慈しみ深い子育てをいつも願っています。
身近かに、「どうしても中学受験をして行きたい学校がある」と親に打ち明けた子は「協力する」・・との親の了解を得て必死に勉強をして見事難関を突破して自分のしたかったお勉強に勤しんでいるお話を聞きました。この親御さんは「自分で決めた事だから」と雨の日も雪の日もやっと13歳を迎えた小さな身体に9sの勉強道具を背負って1時間半の道のりを通学する子をそっと見守っているそうです。でも、そのお宅はいつ行ってもお掃除、整理整頓の行き届いた清潔なお家で、お母さんは遠くまで新鮮なお野菜を買いに行ったり、いつも暖かい食事を作って家族の帰りを待っているそうです。色々な事情があって思うような子育てが難しいご家庭もあると思いますが、小さな努力を積み重ねて慎ましく暮らすこのご家庭をいつも偉いなぁ・・と畏敬の念を持って見守っています。真面目な生き方をする親の、ふか〜い愛情を感じる事が出来ればきっと良い子が育つのだと思います。まあさんのお子様はとってもお幸せですね、どうぞご家族のためにお仕事頑張ってくださいませ。
小さい花
2012/02/28 12:18
小さな花さんが感心されるほどの方にお会いして、爪の垢でもいただきたいですね。当方は凡人で、息子、娘を立派に育てられるのか、自信のかけらもないです。理由は簡単で、親としての初心者で育て上げた実績がないからです。子供の個性を含めれば、全ての親が一度きりの手探りなので、人と比べるのではなく、自分のやり方で上手じゃなくても一生懸命育てるしかないと思っています。子供は勝手に成長するし、子供に教えられることもあるし、自分が幸せなら、子供の幸せじゃないかと勝手に思ったりしています。難しく考えないようにもしてるのですけどね。
マーさん
2012/02/28 23:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
喜多方より愛を込めて21 ポルトガルより愛を込めて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる