ポルトガルより愛を込めて

アクセスカウンタ

zoom RSS 喜多方より愛を込めて47

<<   作成日時 : 2012/03/27 19:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

那須の温泉ホテルに1泊してから、喜多方へ無事戻ってきました。
途中、白河のジャスコで食料を買い込んで、家族そろっての生活がスムーズにスタートできるように味噌や醤油を買い込むなど、何だか新婚にでも戻ったような気分でした。
家に着くと嫁さんに、何でもっと片付けておいてくれなかったのかと責められつつも、今回持ち込んだ荷物も含めて家の中はあふれかえっています。
嫁さんは、途方に暮れたようですが、当方としてみれば、ぼちぼち1年かけてでも片付ければよいと思います。
とりあえずの生活空間や物があれば、残りの部屋なんかは倉庫だと思うしかないでしょうね。
そのうち片付けてくれるさ!と嫁さん任せです。
明日は、結構、忙しいというよりも追い込まれた状況下での仕事があり、既に嫌になっています。
明日は、相当夜遅くなりそうです。
アテ・アマニャン!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
奥様のお気持ちよ〜く解ります。お子様方の面倒を見ながら、お食事の支度をなさりながら、何から何までですからお手伝いして差し上げたい気持ちですよ。
お仕事大変ですね。気候の定まらない折からお大事になさってくださいませ。今日私はお墓参りにお出かけくださったお方を鎌倉までご案内して参りました。お参りしながら私にはもう両親も兄も妹も居ないんだと、今更ながら寂しくなりました。
小さな花
2012/03/27 22:27
嫁さんには、気の毒ですが仕方ないとも言いたいところです。休みには、少なくとも子供たちの面倒は、この3年の穴埋めも兼ねて当方の担当でしょうから、これで許してほしいですね。肉親とのお別れは、なんと言葉をかけていいのかわかりませんね。でも前向きに生きる姿を見てもらうしかないでしょうね。いつまでも下を向いてはいられないものですから。
マーさん
2012/03/28 22:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
喜多方より愛を込めて47 ポルトガルより愛を込めて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる