ポルトガルより愛を込めて

アクセスカウンタ

zoom RSS 喜多方より愛を込めて275

<<   作成日時 : 2013/05/29 05:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

選挙というか政治活動にインタネット活用が解禁と聞いて、昔の政治家が連呼しながら町を巡り街頭演説するようなスタイルの地道な活動が完全に消滅するのだろうと思いました。
テレビの普及によりテレビでの露出度というか、知名度が勝負に大きな影響を及ぼす状態でも政治家の人柄や実績よりも柔ちゃんやタレント議員や二世議員の優位さが露骨に出たのですが、今回のインタネット解禁は、もっと大きな波になるでしょうね。
ショコタンのブログやタレントのブログ炎上なんかが話題になっていますが、簡単に火が付くということは、簡単に飽きるし、あふれかえった情報の取捨選択が、この人が政治家として社会のために何かしてくれる情熱だとか知恵があるかどうかを判断するに至るものにできる実力者はいるのだろうか?
ここまで大上段に構えなくても、当方のこのブログがうそで塗り固められていないと主観的には言えますが、客観性もなく、証拠があるわけでもない。政治家の公報でも学歴詐称が問題になるくらいだから、政治家のブログやフェイスブックなんかが嘘で塗り固められていたって、わからないし、もっと言えば、政治家が原案を作ったかどうかの証拠もない。
当方のブログはせめても他人が入力していることはないので、原稿はおろか全て自分の言葉である。
政治家は、間違いなくブログ管理者を雇っているはずなので、自分で入力なんかしないだろう。
そうなってくるとブログ管理者の主観が入らないはずない???
政治家の答弁なんか玉虫色ばかりなので、もともと奥歯に物が挟まった言い方で、都合の良い美談を、ブログ管理者が脚色してブログ完成なら、そこから政治家としての適性を判断できるわけないじゃん。
そうなるといかにネットのブログやフェイスブックなどの注目を引いて、派手に引き付けるかという、テレビでの露出度に近い知名度獲得合戦になる??
レベルの低い争いになったら、意味がない??
一方でネットショッピングの走りのときに、地方のカメラ屋さんが日本一の売り上げを記録したように、ネットならではの簡単検索や比較サイト、口コミサイトでこそ、うまく自分の価値観の切り口で合う政治家をふるいにかけられるかも?
でもそうなるとますます、そのサイト運営の透明性、信ぴょう性が問題になるけどね。
政治家の志を定量的に測れる比較サイトなんてありえないですね。
アテ・アマニャン!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
喜多方より愛を込めて275 ポルトガルより愛を込めて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる