ポルトガルより愛を込めて

アクセスカウンタ

zoom RSS 喜多方より愛を込めて317

<<   作成日時 : 2013/08/07 05:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

訃報を受けて、しばし実家の方へ出かけており、ネット環境がないので更新できませんでした。
故人を偲ぶお葬式の意味は、わからないでもないですが、それならやはり、その趣旨に沿ったものに自分の時はしてもらいたいものです。
当方の考えとしては、義理立て無用、宗教色無用、余計な飾りも無用、シンプルに本当に当方のことを偲ぶために貴重なお時間を頂戴できる方達だけで、思い出の品と思い出話で荼毘に着くまでの一時を過ごしてもらう、「この人は、こんな考えと生き様を残してくれた!」と言った言葉だけで送られるのが理想ですね。
多くの方に見送られるより、少人数でも気持ちのこもった言葉で送られたいものです。
遺言を残すしかないですね。
さて、今日は、誕生日です。
娘がかわいい誕生日プレゼントを披露を我慢できずに昨日渡してくれました。
やはり家族と一緒の誕生日は、いいものです。
嫁さんと息子は、無視かな??
いろいろと予定が狂ってしまい、もともとの予定では帰省していたはずなのですが、これから帰省の計画を再度練り直しの状態になっています。
父親の初盆もあるし、短い日程でも帰省したいところですが、赤ちゃん連れての長距離移動は、避けるべきか??
アテ・アマニャン!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
喜多方より愛を込めて317 ポルトガルより愛を込めて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる